グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 診療部  > 正常圧水頭症センター

正常圧水頭症センター

正常圧水頭症センター:診療の概要

 当センターでは特発性正常圧水頭症(iNPH: idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus)と、「脳脊髄液減少症」と呼ばれている病気の診断と治療を行っています。これらの病気と、病態や症状などで似た点のある、二次性正常圧水頭症(sNPH: secondary Normal Pressure Hydrocephalus)、軽度外傷性脳損傷(mTBI: mild Traumatic Brain Injury)、慢性外傷後頭痛(CPTH: Chronic Post-traumatic Headache)、子宮頸癌ワクチンの副反応(子宮頸癌関連神経免疫不全症候群、HANS: HPV Vaccine Associated Neuropathic Syndrome)、起立性調節障害(OD: Orthostatic Dysregulation)、線維筋痛症(FM: Fibromyalgia)、慢性疲労症候群(CFS: Chronic Fatigue Syndrome)などの診療も行っています。これらの疾患は、以前に比べると治療の可能性が高くなっていると考えますが、まだ分からない事の多い病気です。現時点で最良と考えることを行っていますが、疾患の本質を明らかにして、診断方法や治療法を改善していく必要があります。治療を受けられる方には、医学研究のために、診療情報(病歴や検査結果、治療経過など)の利用をお願いしています。本人や家族の承諾なしに個人が分かる利用の仕方はしていません(このホームページの動画は本人と家族の同意を得ています)。自分の診療情報は利用されたくないという選択も、このような選択をされても診断や治療が変わることはありません。これまでに行ってきた医学研究の表題一覧を別に掲載しています。担当医は脳神経外科専門医の髙木清です。診察は全て予約制になっています。

 特発性正常圧水頭症(iNPH: https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0038/G0000352/0023)は、忘れっぽい(認知症、痴呆症)、 おもらしをする(尿失禁)、ころびやすい(歩行障害)など、「年のせい」にされてしまいがちな症状の原因となる病気の一つです。正しく診断されれば、たとえ脳梗塞や脳出血などの脳血管障害や、髄膜腫のような良性脳腫瘍の合併があっても、比較的簡単な手術によって症状の改善が期待できます。

 わが国で「脳脊髄液減少症」と呼ばれている疾患の内で外傷に関連するものは、欧米で軽度外傷性脳損傷(mTBI: mild Traumatic Brain Injury)あるいは慢性外傷後頭痛(CPTH: Chronic Posttraumatic Headache)と呼ばれている病態とほぼ同じだと思われます。この点については、インターネットで病気の原因や症状を調べてみると分かります。追突事故などの軽い頭頸部外傷の後、頭痛、頸部痛、記銘力低下、めまい、目がかすむ、目の焦点が合わない、光がまぶしい、全身が痛む、原因不明の脱力、歩行時にふらつくなど様々な症状が長期間続き、会社や学校を休まなければならないほど深刻な症状なのに、現代の最先端のCTやMRIなどの画像検査でも症状を説明できる異常が見つからない病気です。そのために詐病扱いされたり、心の病、あるいは保証金目当てとされることも珍しくありません。幸いなことに、最近では硬膜外酸素注入療法や硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ)などの様々な治療により、9割以上の患者で症状の改善がみられ、約6割の患者が社会復帰しています(当センターでの治療経験)。

 「脳脊髄液減少症」と呼ばれている疾患の症状には、頭痛やめまいだけではなく、疲れやすい、体が痛い、微熱が続く、視力が落ちた、集中力が落ちた、記憶力が落ちたなどの非常に多くのものが挙げられています(脳脊髄液減少症ガイドライン2007 (www.npo-aswp.org/data/2007-0330.pdf)。これらの症状は、慢性疲労症候群((最近では筋痛性脳脊髄炎と呼ばれることも多い)CFS: https://mecfsj.wordpress.com/me)、線維筋痛症(FM:minds4.jcqhc.or.jp/minds/FMS/CPGs2013_FM.pdf)、起立性調節障害(www.jisinsin.jp/detail/01-tanaka.htm)、HANS(www.yakugai.gr.jp/topics/file/20151123%20Nishioka.pdf)などの診断基準に挙げられている症状とよく似たものが多く含まれています。また、頭部CTスキャンや最新のMRI検査でも症状を説明できるハッキリとした異常が見つからないことも共通しています。そのために、「脳脊髄液減少症」だけでなく、専門医によってこれらの疾患と診断された患者が当センターを受診されることも少なくありません。理由はよく分かりませんが、「脳脊髄液減少症」に対して行っている簡単な治療(硬膜外酸素注入療法)により、これらの多くの患者でも様々な症状が改善しています。

 特発性正常圧水頭症も「脳脊髄液減少症」も、脳脊髄液という、脳と脊髄を浮かべている無色透明な液体が症状の発現に関与していると考えられていますが、CTやMRIなどの画像検査だけを見ていては診断が難しい病気です。

正常圧水頭症センター診療日

受付時間  午前 8時00分~11時30分 / 午後 1時30分~5時00分

午前高木高木
午後高木

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせ

ご予約等、お問い合わせ窓口はこちらになります。
※正常圧水頭症センターは完全予約制となります。ご注意ください。

医療法人社団曙会 流山中央病院
〒270-0114 千葉県流山市東初石2-132-2
正常圧水頭症センター専用電話番号:080-9553-7211
(受付時間:8時半から17時)

正常圧水頭症センター担当医の紹介

高木 清

<経歴>
1978年 3月 東京大学医学部医学科 卒業
1978年 5月 東京警察病院
1978年 12月 東京大学医学部付属病院
1981年 6月 総合会津中央病院(現:会津中央病院)
1984年 3月 関東労災病院
1985年 9月 日本赤十字社医療センター
1986年 3月 脳神経外科東横浜病院
1987年 4月 東京大学医学部付属病院
2005年 5月 小倉病院
2007年 4月 おおたかの森病院
2010年 4月 柏たなか病院
2018年 4月 東京脳神経センター病院
2019年 4月~ 流山中央病院
専門正常圧水頭症、軽度外傷性脳損傷、脳脊髄液減少症

本院で脳神経外科検査または治療を受ける患者さんへのお願い

 現在、当院では、「日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)」に協力しています。2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さんの臨床データを解析させて頂き、脳神経外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。また、学会発表や論文作成において、患者さんから得られた画像や検査結果などを使用することがあります。

 解析(または学会発表・論文作成など)に提供(使用)するデータは、個人を特定できない形に加工した上で提供(使用)しますので、患者さんの個人のプライバシーは完全に保護されます。

 上記内容に自分のデータが使用されることを望まない方は、総合受付にその旨お申し出下さいますようお願い致します。
 その他研究事業についての資料の閲覧を希望される方は、研究班ホームページ(http://jns.umin.ac.jp)をご参照下さい。


日本脳神経外科学会 データベース事業 事務局
一般社団法人 日本脳神経外科学会

流山中央病院 脳神経外科

脳神経外科HPは【こちら】です。対応疾患・手術について詳細をご覧になれます。

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • 特定施設入居者生活介護 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園