グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




骨シンチについて

骨シンチとは

放射性薬剤を注射することで“しるし”をつけて、特殊なカメラで撮影します。注射した薬剤は2~3時間後に骨の代謝や反応が盛んな所に集まる性質があり、悪性腫瘍の骨転移、原発性骨腫瘍、骨炎症、骨折の有無に有用です。

検査時間

注射2~3時間後に40分の検査

検査場所

検査棟1階 放射線科RI室

検査の受け方

検査に必要な放射性薬剤を注射し目的の骨に集まるまで2~3時間お待ちいただきます。
余分なくすりを排出するため検査前に多めに水分をとっておいてください。
検査直前に排尿をすませ、検査台の上に仰向けになって撮影します。

注意:撮影中は動かないでください。検査が終了しても、指示があるまで動かずにお待ちください。

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • 特定施設入居者生活介護 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園