グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 医務部(コメディカル)  > 放射線科  > 心筋シンチについて

心筋シンチについて

心筋シンチとは

放射性薬剤を注射することで血流に“しるし”がつき、特殊なカメラで撮影します。カテーテル検査より、負担が
少なく安全に実施できるという特徴があります。
心臓の血管(冠状動脈)が詰まっていたり、詰まりかけている場合、その先の心筋細胞に流れ込む血液量が減少し、栄養と酸素が十分に届かなくなります。すると、心臓の動きが悪くなったり、不整脈が出たり、場合によっては心臓の細胞が死んでしまうこともあります。
心筋シンチは、血管の形状ではなく、心筋細胞の状態を調べて、心臓の機能を確認することが出来る検査で、血流や代謝、交感神経機能、負荷心筋、など幾つかの方法があります。

検査場所

検査棟1階 放射線科RI室

検査の受け方

安静検査:検査に必要な放射性薬剤を注射し、検査台の上に両腕をあげて仰向けになって撮影します。
注意:撮影中は動かないでください。検査が終了しても、指示があるまで動かずにお待ちください。

負荷検査:胸に心電図を付けます。運動もしくは薬剤にて心臓に負荷が掛かった状態にします。
血圧や脈拍などを管理しながらの検査となります。
検査に必要な放射性薬剤を注射し、検査台の上に仰向けになって撮影します。

注意:撮影中は動かないでください。検査が終了しても、指示があるまで動かずにお待ちください。

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • 特定施設入居者生活介護 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園