グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 看護部  > 看護部概要

看護部概要

顔が見えて心に届く、やさしい看護の実践

流山中央病院は地域に密着した医療を目指し、昭和53年に開院しました。「病める人を愛し、誠実な診療に 心がけ、地域の開かれた窓となろう」との理念で、地域の皆様の健康を守り、開かれた医療と質の高いサ-ビスを提供できるよう努力いたします。


病院の特徴と看護部の理念

当院は地域医療の充実を目標にしている第二次救急を担う急性期病院です。回復期リハビリ病棟を有し、診療所や訪問看護ステーションなどと連携し1日も早い社会復帰を支援しています。就業している看護師も地域住民が多く、「地域の開かれた窓になる」という病院の理念の元で、「顔が見えて心に届く、やさしい看護の実践」を看護部の理念に掲げています。

看護部の活動方針

  1. 看護部では、あらゆる健康ステージにある患者様に対し、まず耳を傾け寄り添うことを大切にしているため、倫理観と確かな看護力を持ったジェネラリストの育成に力を入れている。そのため、「院内留学」と銘打って、所属する看護単位以外の部署での研修制度を取り入れたり、日常的に他部署の応援体制を組み入れたり、地域の健康活動にも参加していく。
  2. 医療の専門的進化に対応する看護師の育成を推進するため、専任ではありますが専門認定看護師の組織横断的活動を支援する。
  3. 日本脳神経血管内治療学会認定研修施設として、救急隊やコ・メディカル、地域連携施設を含めた勉強会を計画的に行い、地域看護の向上とチーム医療の強化に努める。
  4. 安全であること、患者様本位であること、エビデンスが明確であることを主眼とした、看護サービスの提供に努める。
  5. 看護職員一人一人が、ワークライフバランスを大切にできる職場環境作りに取り組む。

流山中央病院看護部の看護体制

3種類の勤務体形常勤、日勤常勤、非常勤から選べます。ライフスタイルに合わせて、変更も可能。
2交替制チームナーシング1病棟2チーム制
看護単位脳外科・外科29床、SCU3床、内科混合42床、整形外科42床、回復期リハビリ40床
手術室/サプライ、外来
看護配置10:1看護
看護記録SOAP

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • サービス付高齢者住宅 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園