グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・部門紹介  > 看護部  > 教育計画

教育計画

一人ひとりの成長に合わせた教育計画を実践

当院では、看護基礎教育を基盤とし、看護師一人ひとりの成長段階に合わせた継続教育を実施しているのが特徴です。また、各自がキャリアファイルを作成、成長記録を付けることで、専門職としての目標管理に利用しています。自己啓発やキャリア開発のための支援も行っています。


教育目標

  1. 看護職員として、社会人としての自覚を持ち責任のある行動がとれる
  2. 専門職としての能力を高め、個々の状態に応じた質の高い看護が実践できる
  3. 医療、看護チームの一員として円滑な人間関係を築き活動できる

段階別教育目標

ラダー等級経年別目標
07等級卒後1年未満
  • 病院の組織、機能がわかり自己の役割を理解できる
  • 社会人として日々の業務に前向きに取り組むことができる
  • 専門職として知識、技術、を修得し実践能力を身につける
  • 上位等級者の指導の下で、優先度や個別性を考慮して日常業務ができる
6等級卒後1年~2年
  • 病院理念、看護部理念を理解し行動できる
  • メンバーシップを発揮し、優先度や個別性を考慮して日常業務が自立して実践できる
5等級卒後3年
  • チームの一員として日々の看護業務を円滑・効率的に遂行できる
  • 後輩の育成を通して教育・コミュニケーション技術の習得ができる
  • 看護倫理を踏まえて患者、家族、職員との人間関係を築ける
卒後4年~5年
  • リーダー(プリセプター)シップを発揮し、チームの看護力を高めることができる
  • 問題意識を持ち、上司・メンバーと協力し問題解決や業務改善に取り組むことができる
  • 病院、病棟の運営役割を担うことで病院全体のシステムがわかる
4等級卒後6年~10年
  • 副主任(プリセプターエイド)として、チームの看護力を高める教育的な関わりができる
  • 自己啓発や相互啓発に努め、上司の協力を得て、社会の変化や医療の進歩に応じた看護実践ができる
3等級
  • 病院・看護部の理念に基づき、看護単位の管理に参画する
2等級卒後10年~
  • 組織の理念や方針を理解し、自己啓発を行い看護観を確立しモデルとなることができる
1等級
  • 他部署と協働しながら人・物・時間・スペースなど安全で効率の良い看護管理を実践する

新人教育プログラム

入社後、病院職員としての基本姿勢と態度、安全管理・災害防災管理・感染管理・情報管理で2日間の研修を実施しています。各部署へ配属後は、集合教育て(OFF-JT)と部署教育(OJT)にて教育を行っています。部署教育ではプリセプターシップを導入し、個々の能力に合わせた教育に取り組んでいます。
看護協会が実施する新人教育職員研修に参加し、臨床実践能力を習得することも可能です。
4月
  • 入社式・オリエンテーション・新入職者研修(2日間)
  • 「病院職員としての基礎を築こう」 ~新しい仲間作り~
  • 配属部署オリエンテーション 「1日の看護業務について学ぼう」
  • 配属部署教育開始  *集合教育と部署教育のダブルサポートで無理なく看護実践をしていきます
  • 「基礎看護技術を身につけよう」 ~マニュアルを使用しながら1つ1つ確実に~
  • どのくらいできるようになったかチェックリストで確認!
5月患者体験  「患者の立場になって看護を知ろう」
7月~8月遅番業務の訓練 「プリセプターといっしょに遅番業務を知ろう」
8月~9月夜勤業務の訓練 「プリセプターといっしょに夜勤業務を知ろう」

卒後教育計画

1年目
  • 新入職員オリエンテーション
  • 新卒技術指導(チェックリスト使用)
  • 新人フォローアップ研修
  • 救急蘇生指導
  • 災害対策・安全対策・感染対策指導
  • 患者体験
  • 院外リフレッシュ研修
2年目
  • 2年目フォローアップ研修
  • 事例検討会
中堅(3年以後)
  • コミュニケーション研修
  • プリセプター研修
  • リーダーシップ研修

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • サービス付高齢者住宅 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園