グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 施設のご案内  > 西館2階

西館2階

西館2階病棟は「回復期リハビリ病棟」です。
くも膜下出血、脳血管疾患の患者様や、骨盤・大腿骨・膝脊椎疾患術後の患者様が、ADL(日常生活動作)の向上や機能回復、在宅復帰、社会復帰を目的に入院しています。
入院後は早期に担当の医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー等を決定します。看護師は体調の管理や精神的なサポートを中心に、効果的にリハビリテーションが行えるよう、さまざまな援助を行っています。
患者様のベッドケアが多いことは本病棟の特徴の一つです。そのため、患者様との関わりを大切にしています。

リハビリテーションプログラム作成の際は、患者様それぞれに合ったプログラムを「患者様・ご家族」と「医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療相談員」が共同で作成します。このプログラムを入院生活中に繰り返し実施することによって、効果的な機能回復が望めます。
また、早期より医療相談員が在宅復帰・社会復帰に向けた相談や各種調整を行っています。


よりよいサービスを実現するために

リハビリ総合実施計画書を作成しています。
患者様・ご家族の意向を組み入れ、問題点、治療方針、入院期間、目標設定を行ケアプランの立案・評価・修正を行い、ケアの統一を図っています。
セルフケア自立の援助を行なっています。
回復期リハ看護ではセルフケア自立の援助を目標にベッド上良肢位の保持(関節拘縮予防)体位交換、座位保持、トランスファー(移乗)訓練(車椅子、トイレ、ベッド)、身の回り動作(食事、排泄、整容、入浴、更衣)、移動動作(車椅子駆動、歩行)レクレーション等を行なっています。
安全第一を考え個々のADLを把握し、転倒の防止に注意してます。
病棟内で定期的に会議を開催しています
よりよい病棟運営を行なう為の会議を行なっています。
ご家族のための介護指導を実施しています
退院後の生活を考慮し、家族の介護の負担軽減のための指導を行っています。
患者様のご自宅の家屋調査を実施しています
退院前に理学療法士、ケアワーカー、ケアマネージャーが患者様のご自宅を訪問して家屋評価を行い、改善点の相談に応じています。

設備紹介

訓練スペース

病棟内での訓練も行えるようコーナーを設置し訓練士による専門リハビリを計画的に行っています。

廊下

病棟からはバリアフリーで、訓練室までつながっております。

浴室

患者様のADLに合わせた入浴方法を選択して行っております。
退院前に入浴指導・訓練を行っています。

病室

各部屋には、TV、ロッカー、洗面所がついています。

2人部屋

3人部屋

トイレ

ゆったりした車いす用トイレ

洗濯室

コインランドリー完備

関連施設

  • 特別養護老人ホーム 初石苑
  • 特別養護老人ホーム あざみ苑
  • 特別養護老人ホーム はまなす苑
  • 特別養護老人ホーム でいご
  • ケアハウス サンライズ流山
  • サービス付高齢者住宅 アンジュカ初石
  • 通所リハビリテーション(曙診療所)
  • あけぼの保育園